ハワイフード

ハワイに行ったからには、現地の美味しい物を食べたいと思う人は多い事でしょう。ハワイのグルメと聞くと、近年ではパンケーキやエッグベネディクトなどが有名かもしれませんが、本来食べたいものはハワイのソウルフードと言えるでしょう。その土地を知るためにも、郷土料理を食べることも一つの方法です。

アヒポキ

まず第一にあげられるハワイで人気のソウルフードは、アヒポキです。

ハワイの言葉でアヒはマグロを指していて、一方のポキは切り身のことを指しています。

名前からもわかるように、生のマグロをぶつ切りにしたものに、海藻やタマネギ、ゴマをレモン汁とゴマ油で和えたものを指しています。塩や醤油で味を調えればすぐに食べることが出来るでしょう。

レストランに行くと前菜で出てきたり、スーパーのお惣菜売場やお弁当屋でも定番のソウルフードとなっています。

ここにアボガドやトマトを加えてみたり、辛みが好きなのであればチリを加えたり、お店ごとにアレンジが違うので、食べ比べたりお気に入りを探してみるのも良いでしょう。

またアヒを使ったものだけではなく、そのほかにもタコや貝、白身魚を使ったポキも人気を集めています。

ロミロミサーモン

二つ目に挙げられるのがロミロミサーモンです。ロミロミという言葉は、マッサージとしても知られている言葉ですが、実は揉むという意味があります。

 

ロミロミサーモンとはどのようなものなのかというと、生のサーモンにタマネギやトマトを加え、ここにレモン汁都と塩をかけて揉んだ料理のことを指しています。お祝いや宴会のときにも提供されるメニューで、どちらかというと日本人には好みの味と言えるでしょう。

 

レストランや専門店などで食べられるだけではなく、スーパーの総菜売り場に置かれていることもあります。カフェでは様々なアレンジがなされたものもみられ、キュウリやアボガドをなどを加えたレシピが人気です。

三つ目に挙げられるものがロコモコです。

日本でもよく見かけるメニューなので、知っている人や、実際に食べたことがある人は多いかもしれません。基本的なレシピは、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きがのせられて、ここに肉のうまみがたっぷりと詰まったソースをかけたものです。日本のどんぶりに近いものがありますが、日系人のレストランが発祥ともされています。

 

もとは学生が、リーズナブルな値段でボリュームのあるメニューを食べられるようにと、作られた逸品だともいわれているメニューです。現在ではおしゃれなカフェメニューの定番としても知られていますが、お店により味も驚くほど異なるので評判の店をチェックしてみると良いでしょう。