年齢肌のサインには、しわやたるみ、毛穴の開きなども挙げられますが、鏡を見るたびに気になるシミもその一つです。シミで一番影響するのは紫外線と言われていますし、日々のケアだけではなく対策を入念に行う事で防ぐ事も出来ますので参考にしてください。

やはり日焼け止め

紫外線

まず紫外線対策で1番手軽にできるのが、日焼け止めを使う事です。SPF値が50のものが最大で、一番効果がありますしウォータープルーフタイプであれば、汗をかいた時でもスポーツや海やプールのレジャーの時でも安心です。汗や水に強いので、しっかりと洗顔料やメイク落としで落とす事が重要ですが、とても効果が高いです。

日焼け止めは夏場だけ利用するという方も多いのですが、紫外線は1年を通して出ている物ですので、夏場だけではなく出来れば1年を通して使うようにしましょう。SPF値の低い物は使用感も軽いので、夏場以外であればそういった数値の低いものや化粧品に含まれている物でも大丈夫です。

物理的対策

物理的に防ぐのであれば、帽子や日傘やUVカットタイプのパーカーやカーディガンなどを利用するのもお勧めです。まぶしいからという理由でサングラスを使う方は多いですが、眼から紫外線を受けるだけでも身体は防御反応でシミの原因となるメラニン色素を生成してしまいます。そのため目を守る事も大事なのでサングラスの使用も大事です。形やレンズの色なども様々ですので、ファッションに合わせてお洒落の一つとして取り入れていく事も出来ます。

スキンケア

クリニーク

また、日々のスキンケアでは美白成分が入っている化粧品を使う事も大事です。保湿をする事で乾燥を防ぎ、紫外線からのダメージを減らすという事にもなりますが、メラニン色素の分泌量を減らすという点では美白化粧品がお勧めです。アルブチンやハトムギエキス、またビタミンC誘導体と言った有効成分が含まれている美白化粧品は、出来てしまったシミを薄くするという事は難しいですが、シミを防ぐことは可能です。毎日のスキンケアでしっかりとシミ対策を行っていきましょう。私はビオメディエッセンスでしっかりとスキンケアしています。

食事にも注意しよう

 

お肌のターンオーバーを促すためには、普段の食事も気を付けなければなりません。特にビタミンCは夏場に摂取したい美白効果のある成分ですので、キウィやグレープフルーツやブロッコリーなど積極的に摂取すると良いです。抗酸化作用のあるビタミンDやビタミンEも美容にとても効果がある栄養素ですので、合わせて摂取していきましょう。対策方法はこのように色々あります。

シャンプーにも注意

シャンプー

髪も日焼けをします。なので紫外線が強い時期はシャンプーも考えて選びましょう。今日本で人気のクリームシャンプーでカミカシャンプーがあります。そのシャンプーで髪を洗うと紫外線のダメージも補修成分が入っているのでサラサラを保つみたいです。その他にもいろいろなシャンプーがあるのでお好みのシャンプーを見つけてみましょう。